駐韓米軍が探知した北ミサイル核心情報を韓国軍に提供されずにネット「いったい何のためにTHAADを配備したんだ」!

2pt   2017-05-19 22:50
軍事・ミリタリー速報☆彡

1: たんぽぽ ★@\(^o^)/  《 韓国・聯合ニュースなどによると、北朝鮮が発射した中距離弾道ミサイル(IRBM)について、駐韓米軍が探知・把握した情報のうち肝心な部分を韓国軍に提供していないことが分かった。

 報道によると、駐韓米軍は14日早朝のIRBM「火星12型」発射について、先に韓国国内に配備した高高度防衛ミサイル(THAAD)のレーダーで探知、発射の事実を韓国軍に電話と口頭で伝えたという。

 (略) この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「いったい何のためにTHAADを配備したんだ?完全なカモ扱いじゃないか」

「THAADなんて返品してやる」

「韓国にはスパイが多いから仕方ない」 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

af619129.jpg
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178511&ph=0 
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495056103/
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5639450&name
   軍事アンテナトップページへ
軍事・ミリタリーの話題が沢山。