アメリカが北朝鮮だけを目の敵にするのは下心があるから

40pt   2017-04-19 08:14
ポか~~ん国

【寄稿】軍艦外交、142年ぶりの再来

e471471d-s.jpg万一、平壌(ピョンヤン)にデリーや北京のように米国大使館と米国企業の支店があり投資が行われ、平壌の指導層の子供が米国留学しているならば、北朝鮮の核やミサイルは果たして“北爆”の対象として議論されるだろうか?答えはもちろん否だろう。

“北朝鮮の脅威”という幽霊を利用して、韓国を永久的にその手中に捕えておくことができると考えるのは米当局者の妄想に過ぎない。結局、THAADのような韓国人にとって害にしかならない米国の火遊びは、韓国人をして米国との距離をおかせ、地域安保の別の可能性の模索に誘導する側に作用する可能性がより大きい。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=7604420&name
   軍事アンテナトップページへ
軍事・ミリタリーの話題が沢山。