米陸軍研究所が3Dプリンターで作製した初の実銃(グレネードランチャー)「RAMBO」を公開…金属部品の精密製造も可能!

10pt   2017-03-19 21:50
軍事・ミリタリー速報☆彡

1: ニライカナイφ ★  《 米陸軍調達サポートセンターは陸軍研究所で開発が進められてきた3Dプリンターで作製した初の実銃(グレネードランチャー)「RAMBO」を公開した。

 このRAMBOとは「Rapid Additively Manufactured Ballistics Ordnance」の略称で、グレネード弾から銃の各部のほとんど全て(スプリングとネジなどの一部の部品は除く)を金属部品の精密製造を可能とした産業用の3Dプリンターで製作することで、銃の製造開発工程におけ期間短縮を目指したものとなる。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

2f135c06.jpg
http://businessnewsline.com/news/201703130246570000.html
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489407844/
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5639450&name
   軍事アンテナトップページへ
軍事・ミリタリーの話題が沢山。