【今日のおまいう。朝日】平気でウソをいう人たちにどう対抗するか[H29/3/17]

10pt   2017-03-18 13:25
国難にあってもの申す!!

1■忍法帖【Lv=6,やまたのおろち,yic】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2017/03/17(金)16:40:28 ID:F91 検証可能な事実を土台にした近代社会が揺さぶられている

憲法学者・木村草太VS作家・新城カズマ(司会は松本一弥・朝日新聞WEBRONZA編集長)
この対談は、2月19日に東京・下北沢の本屋B&Bで行われた「世界がざわついている今、
時空をワープしながら<トランプ・秀吉・憲法・AI>を語ろう」(presented by 朝日新聞WEBRONZA)を加筆修正したものです。3回に分けてお届けします。

本 次に、フェイクニュースについて話をしましょう。
新城さんからは、「トランプ氏による他者への批判、非難はすべて当人にはね返ってくる」という
お題をいただいていますが、そのあたりからまずいきましょうか。

新城 これは昨年の大統領選挙のあいだに、もちろん私だけじゃなくて、アメリカでニュースを書く人のなかで
もちらほら出ていた話なんですが、トランプ氏が相手候補、特にヒラリー・クリントンさんを
攻撃するときのネタっていうのは、そのあと調べてみると、たいていトランプ氏自身にあてはまることが
多かったんですね。
それがなぜなのかはよくわからないんですが……何か心理学的な問題が絡んでくるのかもしれないですけど。

 「ヒラリーはニューヨークの金持ち銀行に毒されてる」とかいってトランプ氏が攻撃しましたが、
でも実際にトランプ氏が今やってるのは自分がゴールドマン・サックスの人間を閣僚に入れたりだとか、
「ヒラリー・クリントンのだんなは浮気してた」とか言ったときも、でも自分も奥さんを取り換えてさらに
また浮気もしてたりとか。

 他の候補に対しても「ウソつきテッド」とかあだ名をつけて揶揄(やゆ)していたんですが、
トランプ氏自身もウソばっかり言ってる、っていうぐあいに。あれは何でなのかがよくわからないですけども、
なぜかそういう現象が起きているんですよ。

木村 たしかに起きてますね。

ファシスト政権は悪行を相手になすりつける

続く

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2017022300011.html c?ro=1&act=rss&output=no&id=6037535&name
   軍事アンテナトップページへ
軍事・ミリタリーの話題が沢山。