探知能力向上で中国軍機を見逃さない、航空自衛隊導入のE-2D早期警戒機!

20pt   2017-03-17 17:57
軍事・ミリタリー速報☆彡

1: ■忍法帖【Lv=18,おばけありくい,cZy】 タヌキ◆RJGn7rgICeX.  《 四方を海に囲まれた日本への脅威は、空と海からやって来る。もしもの時、被害を最小限に食い止めるには、相手の動きをいかに素早く察知するかが大きな鍵だ。近い将来導入される航空自衛隊の早期警戒機「E2D」は、現在のE2Cよりもレーダー探知をはじめとしたさまざまな能力が大幅に向上。今後、中国軍機の活動が活発化している南西諸島周辺をはじめとした日本の空を力強く見守っていくことになる

 (略) E2Dの価格は1機あたり約260億円。ひとまず27、28年度予算に2機分が盛り込まれ、導入後は各種試験を実施するために三沢基地(青森県)へと配備される予定だ。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

134cfd46.jpg
http://www.sankei.com/premium/news/170315/prm1703150005-n1.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489529763/
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5639450&name
   軍事アンテナトップページへ
軍事・ミリタリーの話題が沢山。