朝日新聞「PCR検査、正しく知ろう 非感染の証明求め病院へ行くのはダメ」 3/25

17pt   2020-03-26 03:49
国難にあってもの申す!!

1: ラニナミビルオクタン酸エステル(東京都) [US] 2020/03/25(水) 10:31:35.10 ID:iqmvyAyp0● BE:295723299-2BP(2000) sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
正しく知るPCR検査 「非感染の証明求め病院へ」ダメ
3/25(水) 9:30配信
朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大している。熱やせきといった症状が出た時に医療機関を受診する際の注意点や、感染を確認するPCR検査の意味について考えた。

 茨城県つくば市の「坂根Mクリニック」。クリニックには、発熱して新型コロナウイルスの感染を心配する人から相談電話が頻繁にかかってきたり、同じ患者が不安にかられて午前と午後に来院したりすることもあるという。
気管支炎を起こし、感染が疑われたケースもあった。保健所に連絡してPCR検査をしたところ、結果は陰性だった。

 感染初期の症状では、風邪か新型コロナウイルスによるものかは見分けられない。
坂根みち子院長は「地域医療の最前線にあるのがクリニックや診療所。
感染を広げないためにも新型コロナウイルス感染の可能性があるとの前提で感染予防策を取っている」と話す。

 2月中旬から入り口に消毒薬を置き、すべての患者に手と指の消毒を呼びかけ、風邪症状や腹痛、下痢などの症状がある人は、他の患者と一緒にならないように別室に案内している。
診察前には、医師、患者ともに改めて消毒している。

 PCR検査は公的医療保険でできるようになったが、インフルエンザの検査のようにどの医療機関でもできるわけではない。
定められた「帰国者・接触者外来」を受診し、医師が必要と認めた場合に限られる。

 「検査を限定しているので隠れた患者がいるのではないか」との声がある。
政府の専門家会議メンバーの岡部信彦・川崎市健康安全研究所長は「感染が広がり、隠れた患者がいれば、各地の病院で原因不明の肺炎が増えているはずだが、そのような話はない。
すべての患者を把握できていないかもしれないが、その数は多くはなく、重症者や死亡者としては出てきていないと思う」と説明する。(松浦祐子)

■重症者を優先、治療につなげる

 聖路加国際病院QIセンター感染管理室マネジャーで看護師の坂本史衣(ふみえ)さんに新型コロナウイルスのPCR検査について聞いた。

 ――検査を望む人が増えています。

 感染のあるなしを正確に判定できると誤解があるようです。
PCR検査は感染しているのに陰性となる「偽陰性」や感染していないのに陽性と判定される「偽陽性」が出ることが避けられません。
100人の感染者のうち最大でも約70人しか検査では陽性にならないとみられています。
本当は感染しているのに、検査結果が陰性だったら感染を広げる可能性があります。
本当は感染していないのに陽性になれば、隔離のため入院することになり、病床不足につながりかねません。

(続く)
3: ラニナミビルオクタン酸エステル(東京都) [US] 2020/03/25(水) 10:33:05.18 ID:iqmvyAyp0 BE:295723299-2BP(1000) sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
>>1続き

 ――幅広い人に検査が受けられるようにした方がいいという意見もあります。

 どれくらいの人が感染しているかを調べることに意義がないとは思いません。
現在も集団感染がおきた場所では症状によらず接触者を検査しています。
ただ、全国的な調査をやる時期ではないと思います。今検査を行う最大の目的は、重症者を治療につなげ、死なせないことです。
そこに医療資源を費やすべきです。軽症者を洗い出す検査を増やすことで、重症者への対応が遅れてはなりません。

 ――早期発見、早期治療とよく言われています。

 新型コロナウイルスの場合、風邪のような症状が1週間ぐらい続き、そのまま治ってしまう人が約8割、約2割が重症化すると言われています。
ただ、早く見つけても重症化を防げるわけではなく、早く病院へ行くメリットはないのです。

 病院へ行って院内感染を起こすリスクの方が大きいです。
病院には重症化しやすい高齢者や、循環器系や呼吸器系の慢性疾患の人が集まっています。
こうした点から、不確実性が高いPCR検査を受けるために病院へ行く意味は非常に薄いと言わざるを得ません。

 ――海外ではより多くの検査をしているようです。

 通常、接触歴が追えて封じこめが望める状況では無症状者を含めて多くの検査をしますが、
国内に接触歴がわからない患者が増えてくると、重症者を中心に検査する方向に徐々にシフトしていきます。
PCR検査はインフルエンザの迅速検査とは違い、検体を検査機関に運び特殊な技術を使って遺伝子を抽出して、特別な機器で増幅させます。専門的な訓練が必要で、病院の検査技師なら誰でもできるわけではありません。

 つらくなければ自宅で療養して下さい。高熱が続く場合や息苦しさが出れば、帰国者・接触者相談センターに電話をした上で医療機関を受診してください。
「非感染の証明書」をもらいに病院へ行くのはデメリットしかありません。

■PCR検査

 ウイルスに含まれる特定の遺伝子を増やして調べる検査方法。
患者の鼻やのどの粘液やたんから採ったウイルスから遺伝子を取り出し、試薬とともに検査装置に入れる。
遺伝子を増幅させて測定することで、調べたいウイルスの有無を判定する。
検査を担うのは主に臨床検査技師だ。日本臨床衛生検査技師会の会員数は約6万6千人。同会によると全体の7割ほどが登録している。
このうち、PCR検査ができるのは1割ほどとされる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000010-asahi-sctch

引用元: ・朝日新聞「PCR検査、正しく知ろう 非感染の証明求め病院へ行くのはダメ」 ケンサーズ困惑へ


c?ro=1&act=rss&output=no&id=6037535&name
   軍事アンテナトップページへ
軍事・ミリタリーの話題が沢山。