こんなことする国が友好国なんて冗談だよね?【VANK】パンク、『日本が行くべき道』動画を日本のSNSに拡散[02/09]

18pt   2019-06-11 20:44
まるっとニュー速

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/02/09(土) 10:36:19.21 ID:CAP_USER (動画=YouTube)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=13&v=cuXEW7EikyM



(ソウル=聯合ニュース)ワン・ギルファン記者
「帝国主義の犠牲となったアジアの平和と歴史は、日本政府がその真実を隠ぺいして歪曲しても変える事はできませんが、心からの反省はアジアの平和的な未来をもたらすでしょう」

9日現在、YouTubeにある日本語の映像『日本が行くべき道』( https://www.youtube.comcuXEW7EikyM )は、このように始まる。

サイバー外交使節団パンク(VANK)が4年前に製作・配布した15分のこの映像は、2,457人が視聴した。

パンクは今年、三一運動および大韓民国臨時政府樹立100周年を迎え、この映像をこの日から再配布する。

日本の主要ポータルや有名ブロガー、政治家などのSNSに、この動画のアドレスを投稿するキャンペーンを展開する事にしたのである。

パンクの朴起台(パク・キテ)団長は、「いまだに反省せず、帝国主義の郷愁に浸っている日本の政治家と極右勢力に対し、本当に日本が行くべき道を助言するために日本にこの映像を集中的にばら撒く」と述べた。

この映像は、北東アジアの歴史清算と平和的共存の鍵が日本にあり、その鍵のヒントは第二次世界大戦で同じ道を歩んだドイツにあると伝えている。ドイツは世界平和を壊した残酷な戦争を起こしたが、過去に対して全ての責任を負って犠牲者に心からの謝罪を行い、むしろヨーロッパ統合と繁栄の中心に立ったと明かしている。

また、「過去の暗い歴史を忘れずに記憶して反省し、二度とこのような事が繰り返されないように責任を果たす事、それが日本が世界平和を守る事に参加する鍵」と強調する。

(写真)
4c350f29-s.jpg


映像は、第二次世界大戦当時に日本が犯した野蛮な戦争犯罪を並べた。アジアの約20万人の少女を日本軍の性奴隷として虐待した事、日中戦争で約30万人の中国人を残酷に殺害した南京大虐殺(1937年)、3,000人以上の戦争捕虜を生体実験したハルビン731部隊、725万人の無実の人々を強制的に過酷な労働に投入した罪などである。

また、戦後のドイツとは別の道を歩んだ日本の悪行も列挙している。日本は、「全ての戦争犯罪の問題はサンフランシスコ講和条約で解決された」という立場を堅持したり、『皇族不起訴方針』によって責任を負うべき当事者であるヒロヒト(裕仁)天皇とその一家を無罪放免に、731部隊の総司令官などを全員無罪釈放して、日本の国会は「日本には戦犯はいない」と決議した。

映像は、過去を記録する方法でもドイツと日本は別の道を歩んでいると指摘した。ドイツの歴史教科書は、「人種対立と差別、反人倫的な侵略戦争の美化は隣国を貶める記述」とし、このような教育は法律で禁止した一方、日本は、「 “侵略” という単語を教科書に書く事ができず、殖民支配と侵略戦争と縮小してその名分を合理化し、美化し、天皇と市民が “軍部政策の犠牲者” 」と記述している。

特に、植民地支配によって侵奪した独島(トクド)の領有権を露骨に主張して、韓国が『不法占拠している』と国際社会に広めていると映像は暴露している。

他にも、A級戦犯の『位牌(ウィペ)』が合祀された靖国神社への政治家の参拝、ハシマソム(端島島)など、朝鮮人を強制徴用した戦犯企業の造船所などをユネスコ世界文化遺産に登載した件、日本軍慰安婦および強制動員の不正など、戦争の傷は癒えていないと列挙している。

映像は、「韓国の青年が日本の帝国主義の歴史の中から歪曲された歴史を明らかにし、犠牲になったこれらの魂を癒す、それがアジアの平和と希望」で終了する。

パンクはこの映像とともに、『韓国に向けた在日同胞たちの夢( https://youtu.be/gUXXjbd26KU

)というタイトルの映像も再配布する。

(写真)
948358b9-s.jpg


ソース:NAVER/ソウル=聯合ニュース(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=001&aid=0010624275

引用元: ・【VANK】パンク、『日本が行くべき道』動画を日本のSNSに拡散[02/09]

c?ro=1&act=rss&output=no&id=6191972&name
   軍事アンテナトップページへ
軍事・ミリタリーの話題が沢山。